今川氏真

 今川義元が嫡男。
桶狭間で敗死した父・義元の後を継ぐも、
桶狭間での重臣団の死、松平元康の離反、武田信玄の駿河国への侵攻などに対応しきれず
国主としての今川氏の滅亡を招く。
 その後は後北条氏に身を寄せた後、最後には徳川家康に仕える。
 晩年は家康より品川(東京都)に屋敷を賜り『品川殿』と呼ばれていたが、1614年に死去。

 和歌・蹴鞠など、文化的な物を愛したようで、
蹴鞠などは仇の織田信長の前で演じたこともある。
 また、短い太守の間には領地の灌漑事業を行うなど、
内政官として、そして民衆には良い領主としては認められていたのではないだろうか。

トップへ
トップへ
戻る
戻る


SEO [PR] 母の日 カード比較 再就職支援 バレンタイン 冷え対策 誕生日プレゼント無料レンタルサーバー ライブチャット SEO