<花倉>巡り


日時 :  〜 平成14年 9月20日

解説 : 花倉は今川氏が駿河に勢力を伸ばしていく上で根拠地とした場所。その為、一族の
菩提寺となった寺や、重臣団の館跡と思われる地名も残る。また、今川義元が後を
継ぐ際に起こった『花倉の乱』の地としても有名(?)である。現在は藤枝市葉梨郷。


A・花倉城…葉梨郷の奥、今川氏の館の詰の城として築かれた。また、『花倉の乱』の際に
広恵探が篭城した。
             NO PRINTING
             花倉城まではハイキングコースがある                   山頂には深い空掘が静かに残る


B・今川館跡地…14世紀中頃に今川範氏によって築かれたと推定される。駿河・遠江両国
の統治にも重要な役割を果たす。武田氏の侵攻時に焼失したと伝えられ
る。

現在は田んぼが広がり、面影はない…


C・遍照光寺跡…現在は偏照寺となる。背後の山の崩落により消滅。今川範氏・氏家の墓
がある。今川一族が僧侶となって治めていた。
        
              現在は偏照寺地内に位置する                今川範氏の墓。左隣には息子の氏家の墓が建つ


D・長慶寺…開基:今川泰範。中興:太原雪斎の寺院。現在は泰範の五輪塔と雪斎の無縫
塔を見ることが出来る。前者二人の菩提寺ともなっている。
        
              過去の面影はもはや無い…                         泰範の五輪塔が静かに佇む


E・安養寺跡今川範将の菩提寺。現在は静岡市小坂に移転している。

現在は跡形も無い。後方は第二東名の工事が行われている

<花倉>巡り その2
<花倉>巡り その2


トップへ
トップへ
戻る
戻る


SEO [PR] 母の日 カード比較 再就職支援 バレンタイン 冷え対策 誕生日プレゼント無料レンタルサーバー ライブチャット SEO