静岡市

昔は駿府よばれ、今川氏の駿河経営の中心地
今川氏の滅亡後も、徳川家康の隠居地として繁栄

A・臨済寺…今川氏輝の菩提寺。今川義元の廟もある。賎機山の麓にあり、雲水の修行場
        となっているため、一般の人の拝観はできない。徳川家康が人質として駿府に
        来ていた時に、二代目住職であった太原雪斎を師として、教育を受けた場所とし
        て有名である。その当時の建築物は、武田軍の侵略によって焼かれている。

賎機山から見下ろす


B・竜雲寺…今川氏親の夫人、寿桂尼の菩提寺。寿桂尼の遺命により、今川館の鬼門の位
        置である竜雲寺に葬られた。境内(写真)の裏の墓地、その奥にひっそりと墓石
        が立つ。

死してからも今川氏を守る


C・徳願寺…今川義忠の夫人、北川殿の菩提寺。背後の山には、城跡が発見された。

駿府を見下ろす山の中腹にある


D・増善寺…今川氏親の菩提寺。今川氏親の木像や今川家の古文書などが収蔵されてい
        る。

安倍城の麓だったりする。(^-^;


E・静岡浅間神社…今川氏が駿河惣社として長く保護してきた神社。背後には今川館の詰の
             城である賎機山城を抱える。武田氏の侵入、徳川氏と武田氏の争いによ
             って何度か宮社が焼け落ちているが、その後の徳川氏によって、続けて
             保護されて今に至る。

今川氏の旗印『赤鳥』もここで生まれた


静岡市 その2
静岡市 その2


トップへ
トップへ
戻る
戻る


SEO [PR] 母の日 カード比較 再就職支援 バレンタイン 冷え対策 誕生日プレゼント無料レンタルサーバー ライブチャット SEO